記載の料金は特に記載がある場合を除き、すべて税抜です。

文字サイズ

記載の料金は特に記載がある場合を除き、すべて税抜です。

サービスメニュー 接続サービス

メールフィルタリング

Webmailでは、様々なフィルターを設定してメールを振り分けたり、メールを転送することができます。
自動的に移動や削除、タグを付ける、またフィルター設定をした上での転送設定をすることもできます。詳しい設定方法はWebmailのヘルプページをご覧ください。

Webmailのヘルプ:フィルターの作成/条件について

フィルターを作成する

フィルターの設定方法

フィルターの設定方法や、設定する際の参考例は以下のWebmailヘルプページをご確認ください。

フィルターの組み合わせ

複数条件を組み合わせたフィルターの設定例については以下をご覧ください

Webmailのヘルプ:フィルターの組み合わせ

フィルターとメール転送

フォルター条件とメールの転送を組み合わせた設定例については以下をご覧ください

Webmailのヘルプ:フィルターとメール転送の組み合わせ

フィルターの優先順位について

フィルターには優先度があります。Webmailのフィルター設定画面の上の方にあるフィルターの方が先に適用され下のフィルターは後から適用されます。つまり上から順番に適用されます。
ただし、「このフィルターより優先度低いフィルターは無視する」にチェックが入っている場合は、それ以降のフィルターは適用されません

メールヘッダー情報でのフィルタリング

メールには普段は目にしないヘッダー情報があります。これはメールシステムが付加する情報のことです。このメールヘッダーをフィルタリングの条件に指定することができます。@T COM(アットティーコム)のメールサービスで付加されるメールヘッダ情報は以下の通りです

ヘッダー情報 概要
X-BASMAIL-SenderAuth-Results Spam or Non-Spam なりすましを判定した結果を示すヘッダー情報
X-BASMAIL-Cloudmark-Results Spam or Non-Spam 迷惑メールを判定した結果を示すヘッダー情報
X-BASMAIL-Spam Spam or Non-Spam 上記二つのヘッダーを組み合わせた最終結果を示すヘッダー情報

ヘッダー情報を利用したフィルターの設定方法については以下をご確認ください

ヘッダー情報でのフィルタリング

注意事項

  • フィルター条件や設定内容を十分にご確認ください。設定内容を誤ると予期しないフォルダにメールが振り分けられたり、メールが削除されたりします。
  • フィルターには優先度があり、上の方にあるフィルターの方が優先度が高く、下の方にあるフィルターは優先度が低いです。またフィルターは優先度が高いフィルターから適用されます。フィルターの順序にはご注意をお願いいたします。
  • 「このフィルターより優先度低いフィルターは無視する」にチェックが入っている場合は、以降のフィルターは適用されません。ご注意をお願いします。
  • お客様のご利用環境によっては、1つのフィルタルールに多くの条件を設定すると、表示や処理に時間がかかる、またはエラーとなる場合があります。複数のフィルタに分割して設定することで、快適にご利用いただけます。
  • フィルターの設定方法についてはWebmailのヘルプをご覧ください。