記載の料金は特に記載がある場合を除き、すべて税抜です。

文字サイズ

記載の料金は特に記載がある場合を除き、すべて税抜です。

サービスメニュー 接続サービス

メールの送信について

メールの最大送信容量

@T COM(アットティーコム)のメールサービスでは、最大送信容量は1通あたり30MBです。
30MBを超えて送信できなかったメールはお客様にエラーメールが返されます。またメールの仕組み上、ファイルを添付する処理の際に実際のファイル容量よりも容量が大きくなります。そのため添付できるファイル容量は20MB程度とお考えください。

なりすまし対策(DKIM署名、SPF認証)

迷惑メールの一つに、送信元のメールアドレスが架空のものや、他人や自分のメールアドレスに変更して送信される「なりすましメール」とよばれるものが存在します。パソコンなどのメールソフトの設定で簡単に変更でき、本来の送信者が特定できないため、迷惑メールのほとんどがなりすまされているのが現状です。

@T COM(アットティーコム)のメールサービスでは、「DKIM(ディーキム、Domain Keys Identification Mail)署名」、「SPF(エスピーエフ、Sender Policy Framework)認証」という送信ドメイン※1認証技術を用いて、「なりすましメール」の対策を行っています。

  • ※1「ドメイン」とは、メールアドレスの@マーク以降の部分です。

DKIM署名とは

電子署名技術を使い、電子メール送信者のドメインと電子メールの内容(ヘッダ・本文)を保証する技術です。「なりすましメール」の可能性がある場合、メールが送信先へ届かないようにします。

SPF認証とは

送信先メールアドレスのIPアドレスがDNSサーバに登録されているIPアドレスと一致するかどうかを確認します。一致していない場合、「なりすましメール」の可能性があるため、メールが送信先に届かないようにします。

注意事項

  • 送信先のメールサーバの仕様によっては、送信ドメイン認証(SPF認証)で認証できない場合に、送信先へメールが届かないことがあります。
  • メールが送信先へ送信できなかったことを通知するリターンメールが配信されないこともあるため、実際に送信先へメールが届いたか送信結果を確認することができないことがあります。

迷惑メール対策(OP25B)

昨今、プロバイダが指定するメールサーバを経由せずにウイルスメールや迷惑メール、フィッシングメールなどが多数送信されるようになり、セキュリティ上、非常に問題になっています。

@T COM(アットティーコム)のメールサービスでは、「OP25B(25番ポートブロック、Outbound Port25 Blocking)」という技術を用いて、「迷惑メール」の対策を行っています。

OP25Bとは

メール送信の際に利用する25番ポート※2の利用に常に制限を加えることで、プロバイダが指定した送信サーバを使用せずに発信されるメールを制限する仕組みです。悪意を持った利用者のメール送信等を防ぐことができます。

  • ※2「25番ポート」とは、インターネット上で通信されるデータを識別するための番号(ポート番号)のうち、メール送信の際に利用する番号です。

OP25Bの影響を受けるお客様と対処方法

25番ポートブロック(OP25B:Outbound Port25 Blocking)の影響により、メールが送信できなくなる場合があります。25番ポートブロック(OP25B:Outbound Port25 Blocking)で影響を受けるお客様と対処方法については以下をご確認ください。

OP25B対象者と対処方法について