記載の料金は特に記載がある場合を除き、すべて税抜です。

文字サイズ

記載の料金は特に記載がある場合を除き、すべて税抜です。

サービスメニュー 接続サービス

サービス提供エリア確認

インフォメーション

NTT東日本/西日本以外の通信事業者が提供する直収型電話サービスでは、ADSL接続サービスがご利用いただけません。

ADSL接続サービスは、Tコース(TOKAIのADSL回線を利用して提供するコース)、eコース(ワイモバイルのADSL回線を利用して提供するコース)のいずれも、NTT東日本/西日本の加入電話回線を利用したサービスです。

NTT東日本/西日本以外の通信事業者が提供する直収型電話サービスをご利用になると、ADSL接続サービスがご利用できなくなってしまいます。

直収型電話サービスって何?

直収型電話サービスとは、NTT東日本/西日本の収容局にある電話交換機を中継せずに、各通信事業者が自社通信設備を使って提供する固定電話サービスです。

以下のサービスがあります。

直収型電話サービス(2006年10月現在)

  • ソフトバンク「おとくライン」
  • KDDI「メタルプラス」
  • KDDI「光プラス」

NTTの固定電話との違い

ADSL接続サービスでは、NTTの交換機とADSL装置が接続することでインターネットにつながる仕組みになっています。
直収型電話サービスをご利用になると、NTT交換機とADSL装置との接続が外されますので、ADSL接続サービスがご利用いただけなくなります。

直収型電話サービスを利用したら、ADSL接続サービスが使えなくなった!という方は、流れをご覧ください。

@T COM(アットティーコム)のサービスがご利用いただけなくなる理由

ADSL接続サービスの場合

ADSL接続サービスでは、NTTの交換機とADSL装置が接続することでインターネットへつながります。
直収型電話サービスをご利用になると、ADSL装置との接続が外されてしまいますのでADSL接続サービスがご利用いただけなくなります。

フレッツ・ADSLやフレッツ光コースの場合

フレッツ・ADSLはNTT東日本/西日本が提供するADSLサービスです。こちらもNTTのADSL装置を使用しています。直収型電話サービスをご利用になると、フレッツ・ADSL装置との接続が外されてしましますのでご利用できなくなります。

フレッツ光の場合は、電話回線とインターネット回線が別になりますので併用いただけます。