記載の料金は特に記載がある場合を除き、すべて税抜です。

文字サイズ

記載の料金は特に記載がある場合を除き、すべて税抜です。

サービスメニュー 接続サービス

LIBMO

TOKAI SAFE

@T COM(アットティーコム)ヒカリ スマートバリュー

転送電話をお申込みいただくにあたって

転送電話をお申込みいただく場合、ご契約者の本人確認が必要です。
本人確認に必要な書類、注意事項をご確認のうえ、お手続きをお願いいたします。

  • 転送電話がセットされている「ヒカリ電話オプションパックプラン」をお申込みの場合も、本人確認が必要となります。
  • 本人確認は、電気通信事業法の定めにより実施させていただくものです。

本人確認書類について

ご契約者の「氏名」「住所」「生年月日」(法人の場合は、「名称」「所在地」)が確認できる、公的機関発行の書類が必要です。
以下の書類のうちいずれかを、本人確認書類としてご用意ください。

「住所」は契約者情報として登録されている住所と一致していることが必要となります。
契約者情報の氏名・住所が、本人確認書類の内容と一致しない場合は、お手続きが進められない場合があります。

個人の場合
《以下の写し2種類をご返送ください》

・運転免許証、健康保険証、パスポート、マイナンバーカード、住民票、国民年金手帳、在留カード等
・上記のほか、官公庁発行書類等で氏名、住所、生年月日の記載があるもの(個人番号の通知カードを除く。)

  • 有効期限のない公的証明書については、6ヶ月以内に発行されたものに限ります。
  • 裏面に住所欄が記載されている場合には、裏面の写しも必要です。
  • 記載されている住所等が現在のものでない又は記載がない場合は、他の本人確認書類や補完書類(納税証明書、社会保険料領収書、 公共料金領収書等(領収日付の押印又は発行年月日の記載のあるもので、その日付が6ヶ月以内のもの。))を併せてお送りください。
  • 健康保険証を本人確認書類としてご送付の場合、「記号」「番号」「臓器提供意思確認欄」は該当箇所をぬりつぶしてご送付ください。
法人の場合

《以下の法人確認書類1種類とご担当者様の本人確認書類写し2種類をご返送ください》

・登記簿謄(抄)本、現在事項全部証明書、資格証明書等
・上記のほか、官公庁発行書類で法人の名称及び主たる事務所の所在地の記載があるもの

ご担当者様の本人確認書類については、【個人の場合】の本人確認書類と同様のものをご返送ください。

本人確認のながれ

01.
ヒカリ電話オプションパック/転送電話サービスのお申込み

お申込みはお電話にて受付いたします。お受付時に本人確認書類が必要なお客様はその旨ご案内をさせていただきます。

ヒカリ電話のお申込みと合わせてお申込みの場合も同様です。

転用・事業者変更時に、@T COM(アットティーコム)ヒカリ電話オプションパック/転送電話サービスとして継続する場合も、本人確認書類が必要になります。

02.
お客様へ書面を発送

@T COM(アットティーコム)より、「本人確認書類のご送付のお願い」書面をお客様向け発送させていただきます。

03.
本人確認書類をご返送

案内に沿って本人確認書類をご準備いただき、本人確認書類を同封の返信用封筒にて返送してください。

本人確認書類に不備があるとお手続きができませんのでご注意ください。

ヒカリ電話と同時のお申込み、転用や事業者変更と同時のお申込みの場合であっても、本人確認完了後に合わせてお手続きとなります。

04.
本人確認書類の確認

ご返送いただいた書類の到着後、お手続きをさせていただきます。

本人確認書類に不備があった場合、お客様向けご連絡をさせていただきます。

05.
本人確認書類受領のお知らせの発送

本人確認が完了いたしましたら、お客様向けに本人確認書類受領の旨と、ご利用開始予定日を書面にてご連絡いたします。

06.
ご利用開始

書面到着後、ご利用開始まで10日~2週間ほどお時間をいただきます。
NTT東日本エリアの場合、弊社にてお手続き後、6暦日でご利用開始となります。
NTT西日本エリアの場合、弊社にてお手続き後、7営業日でご利用開始となります。
(書面のご返送が遅れると、ご利用開始も遅れることになりますのでご注意ください。)

ヒカリ電話と同時のお申込みの場合、ヒカリ電話開通と同時のご利用開始となります。

転用・事業者変更時に、@T COM(アットティーコム)ヒカリ電話オプションパック/転送電話サービスとして継続する場合、転用・事業者変更と同時にご利用開始いただけます。

転送電話サービスの設定方法

@T COM(アットティーコム)ヒカリ電話サービス利用開始後の設定方法につきましては、下記をご確認ください。

@T COM(アットティーコム)ヒカリ電話の転送電話の利用方法